大阪堺筋本町のショコラトリー ココでボンボンショコラを食す!

 

先日、大阪堺筋本町にあるショコラトリー ココ(chocolaterie COCO)さんへ行ってきました。

大阪では珍しいチョコレート専門店、個人経営のお店なので一度行ってみたいと思っていたお店、ショコラトリー ココさん。

宝石みたいなチョコレートが並ぶお店を紹介します。

スポンサーリンク

ショコラトリー ココの場所・アクセス

【店舗情報】
■ ショコラトリー ココ (chocolaterie COCO)
住所:大阪市中央区南久宝寺町1-5-15 COZY南久宝寺 1F
電話番号:06-7181-1743
営業時間:11:00~19:00(売り切れ次第終了)
定休日:月曜日、火曜日、不定休(SNSにて告知)

ショコラトリー ココ(chocolaterie COCO)

ショコラトリー ココさんは、大阪本町のオフィス街ある小さなお店です。。

場所は電話で聞いていましたので迷うことなく到着できました。

大阪メトロ、堺筋本町駅、3番出口をでて前の道を100m位の場所にあります。隣がファミリーマートなのでわかりやすいです。

 

小さな看板が出迎えてくれます。東京では珍しくないチョコレート専門店ですが、関西、大阪ではなかなか商売が厳しいジャンルのお店です。

わたしがこのお店を知ったのは、大阪朝日放送の「LIFE〜夢のかたち」を見たことです。

オーナーシェフは、元は自動車整備の仕事をしていた方で、あるお菓子の本を見て、お菓子作りがどうしてもしたいということでお菓子業界へ転職されました。

30歳での転職、正直かなり遅いスタートです。結婚して子供もあり、アルバイトからのスタートですからいろいろご苦労もあったと思います。

リーガロイヤルホテルでチョコレートでの仕事が、チョコレート専門店オープンするきっかけとなりました。

遅いスタートなのに自分のお店を開店できるなんてほんと素晴らしいですね。やはりやる気でしょうか。

宝石のようなボンボンショコラ

店内へ入ると、いきなり「となりの人間国宝」のシールがありました。このシール、関西ローカルなんですが、関西テレビの「よ~いドン!」という番組で認められたお店にもらえる認定書?なんです。

関西テレビさんもさすがです。見逃していませんね。

 

店内は4人位でいっぱいになる広さでそれほど広くありません。落ち着いた雰囲気のシックなお店です。

大きなチョコレート専用のショーケースがあり、いろんな種類のボンボンショコラが並んでいます。

 

チョコレートを使用した焼き菓子などもありましたが、ちょうどホワイトデー明けの日に行ったので売り切れている商品が多かったです。

製造がシェフ1人なので、きっと間に合わないでしょうね。また今度買ってみようと思います。

 

販売はシェフの奥さんが担当されています。場所を電話で聞いた時も丁寧に教えて頂きました。

写真撮影のお願いも気軽に応じて頂き感謝です。

わたしは欲しいボンボンショコラも電話予約しました。行った時には売り切れているのもあったので予約しておいてよかったです。

 

丁寧に作られたボンボンショコラ、普通のボンボンショコラのフィリング(中身)は、1層から2層位なんですが、ココさんでは、3層、4層のもあります。

層が増えるとその層を固めるのに手間が掛かりやらないお店がほとんどなんですが。でもココさんはやってます。笑 

シェフのこだわりなんでしょうね。

ココのボンボンショコラを購入!

今回購入したのは、日本生まれのカクテル、チェリーブロッサムをイメージした3層仕立てのボンボンショコラ。

*チェリーブロッサム風味のミルクガナッシュ
*チェリーのパートドフリュイ
*ノワールのガナッシュ
*ロボット君(お花見編・ほろ酔いバージョン)

*カルバドス(りんごのブランデー)のお酒の効いたミルクチョコレートガナッシュのトリュフ
(お酒が一番効いているとありましたが、それほど感じませんでした。)

ショコラトリー ココさんのボンボンショコラの価格ですが、定番の商品は1個220円から販売しています。

写真よりも見た目はかなり小さいので、ちょっと高いかな?と思いますが、食べてみると納得の美味しさですね。

まとめ

久しぶりにおいしいボンボンショコラを食べました。ボンボンショコラの製造はシェフ1人なので、バレンタイン、ホワイトデー、クリスマス後は商品が全くないということもあるようです。

お店を閉めて製造するようですので、行かれる方はSNSなどで確認してから行かれることをお勧めします。

スイーツ大阪市
スポンサーリンク
MASARU-blog(まさるぶろぐ)これとっても気になる!

コメント