グルメ情報 茨木市

茨木市・ボノカフェ(BONO cafe)で自然食ランチ・チーズケーキを食す!

更新日:

 

茨木市水尾にある自然食カフェ、BONO cafe(ボノカフェ)へ行ってきました。このお店、前は友人とお茶しに行ったことがあります。ほんと久しぶりです。。

BONO cafe(ボノカフェ)、今年で開店してから10年を迎えるそうです。10年も飲食店をやれているのは、やはりお客さんに支持されているんでしょうね。

先日、何気なく朝日放送の「Life夢のカタチ」を見ていたら、どこかで見たようなお店が出てました。。それが、BONO cafe(ボノカフェ)でした。おいしそうなこだわりの「BONO定食」とデザート、食べたくなっていってきました。

今回は、そのことを書きます。

BONO cafe(ボノカフェ)

阪急茨木駅から徒歩15分位、BONO cafe(ボノカフェ)はマンションの1階にあります。いたってシンプルなお店、わたしはこの前の通りをよく通るのですが以前は全く何があるのかわからず通り過ぎていました。

以前は看板もなかったような気がします。確か「シティライフ」という情報誌で見かけて行った記憶があります。さて、お腹も空いているので店内へ入ります。

 

予約した時間には15分ほど早いのですが、名前を告げると席へ案内してくれました。店内は、年配のご婦人方でいっぱいです。。

男性は、わたしを含めて2名でした。。店内は木をたくさん使ってあるインテリアです。照明も少しうす暗いですね。でもこれくらいでも落ち着いていいですね。

今回は、日替わりの「BONO定食」が食べたくて、13時に予約しました。限定なのでその日の素材がなくなれば終了。予約して正解でした。後で入ってきた人は食べれませんでした。

 

「BONO定食」食す!

 

10分ほどで「BONO定食」が来ました。。ご飯は、白米と雑穀米を選べます。わたしは、雑穀米を選びました。BONO cafe(ボノカフェ)では9割は茨木産の素材を使用しているとのこと。

確かに野菜の種類も多いですね。値段は1000円。。見た目は少しボリュームがないように思いますが、見た感じはおいしそうですね。食べた感想ですが、どれも薄味です。。からだに良さそ

食事です。素材を生かした料理ですね。あっという間に完食。わたしにはなんか少し物足りない。もう少し量が欲しい。ご飯のおかわりができればいいと思いました。。

隣の女性2人は「お腹いっぱい」って言ってましたから、女性にはこれくらいの量がいいかもしれませんね。

なんの魚か忘れましたが、この魚のフライはアツアツではおいしかったです。お気に入りです。

食後のデザートも注文

ランチ1000円に+500円でドリンクとデザートが付きます。これはお得ですね。女性の方はこれがメインじゃないかと言うくらい食べていました。

オーナーが、ホテルのパテイシェールなので、いろんな種類のデザートも提供されています。。女性ならではのセンスの良いお菓子ですね。

デザートメニューから選びますが、どれもおいしそうで迷いますね。

 

迷って選んだのが、「ガトー抹茶」。最近和風な食べ物を選んでいます。。歳をとったからでしょうか。。

あんこがのっていたのも選んだ理由です。

 

コーヒーと頼んだんですが、なぜかデザートが運ばれてきました。。

添えてあるのは、あんこと豆腐のムース?ですかね。。食欲をそそります。

 

しばらくしてから、コーヒーもきました。コーヒー大好きなので、飲むとほんとくつろげます。

この「ガトー抹茶」、とても甘さ控えめであっさりとしたおいしさ。。もう少し甘さがあってもよいのではないかと感じましたね。

お菓子のテイクアウトもできる

BONO cafe(ボノカフェ)は食事でも知られていますが、お菓子の評判もよく、「おいしい」と口コミで広まっています。

季節で代わるお菓子が、小さなショーケースに並んでいます。ジャム、プリン、ベイクドチーズケーキなどなど、使用している「卵」も販売していますね。

 

BONO cafe(ボノカフェ)のプリンは、バニラビーンズなどの香料などを一切使用せず素材のもつ自然の味を生かしているそうです。この卵も、茨木市で生産している卵ですね。テレビでは指でつまんでもつぶれないくらいの新鮮さでした。

こだわりの素材をしようしているので値段もそれなりにしています。。(価格は忘れてしまいましたが…。)

 

会計時に、買うつもりはなかったのに、店員さんとチーズケーキの話をしているうちに、ついつい買ってしまいました。

わたしはチーズケーキが大好き、自宅でお茶しながら食べました。このチーズケーキも、ついつい食べすぎてしまうくらいあっさりしていました。。個人的にはもう少しチーズのコクと甘さが欲しいなぁーという感じでした。。個人的な意見です。。(十分おいしいと思います。

 

BONO cafe(ボノカフェ)の店内では、オーナーが選んだ茨木産の食材が並び、販売されています。お店で出す食材の、9割が茨木産なんですね。結構長い間、茨木に住んでいるんですが、このような食材があるなんて知りませんでした。

大人気のBONO cafe(ボノカフェ)、ランチ時の繁忙時には、以前はなかった時間制限もあるようです。わたしが行ったときは満席でしたが、席の交代はなかったように見えました。まあ、それほど人気があるということなのでしょうね。。

 

BONO cafe・ボノカフェの駐車場は?

BONO cafe(ボノカフェ)の駐車場の案内がありあす。お店の前と隣の駐車場に計車6台が駐車できます。わたしが行ったときは13時くらい、満車でした。

車止めなどもなくて少し止めにくい感じでした。お店のドア前に5台ほど停めれる駐輪場もあります。ここもいっぱいでした。。

 

まとめ

実際、BONO cafe(ボノカフェ)で食事した感想ですが、茨木産の素材にこだわり、ほんと身体に優しい食事を提供しているお店だと思います。

スタッフさんの対応もいいですし、食事もおかしもおいしいです。。トイレにはおむつ交換台もできて、子連れでも気軽に行けるカフェですね。

再来訪ありですね。ごちそうさまでした。。

 

BONO cafe(ボノカフェ)詳細・アクセス

住所 大阪府茨木市水尾2丁目14-35

電話番号 072-632-5124 営業時間11:00~17:00

ラストオーダー16:00(ご飯ものは15:00)

定休日日曜・祝日

座席数35席

-グルメ情報, 茨木市

Copyright© MASARU-blog(まさるぶろぐ)これとっても気になる! , 2018 AllRights Reserved.