スポーツ

平尾誠二さんの命日でした。。

更新日:

 

今日は「ミスターラグビー」と呼ばれた平尾誠二さんの命日でした。

もう一年経ったんですね。この人本当にカッコよくて男から見ても憧れの人でした。

まだ53歳だったんですね。

今回はちょっと「ミスターラグビー」平尾誠二さんのことを書きます。

スポンサーリンク

 

平尾誠二はラグビーをやるために生まれてきた!

「ミスターラグビー」平尾誠二、まれに見るリーダーシップの持ち主。

京都伏見工業高校からラグビーを初めて、同志社大学、卒業後は神戸製鋼でラグビーの現役を終える。

大学生で、ラグビー日本代表に選ばれ主将。日本代表監督としても手腕を発揮する。

ガンで53歳の生涯を閉じる。。早い死ですねぇ。きっともっと生きたいと思っていたでしょうね。

 

山口先生のスクールウォーズで平尾誠二を知る。

僕がラグビーに興味を持ったのは、テレビでやっていた「スクールウォーズ」という番組を見てからです。

山下真司さんの熱血先生滝沢賢治、イソップなどの役名などまだまだ記憶に残ってます。

この「スクールウォーズ」実話に近いストーリーで、簡単に言うと、京都の荒れた高校に赴任した熱血先生がラグビーで生徒を更生させるというストーリーです。

まあテレビドラマなので大袈裟に廊下をバイクで走ったり、教室でタバコを平気で吸っていたりしてました(笑)正直ビックリしました。

このモデルとなった高校が、京都の伏見工業高校で泣き虫熱血教師が山口良治さん。

毎週、このドラマを楽しみにしてました。ここに出ていた1年生でレギュラーになったのが平尾誠二さん、平尾さんが入ってから伏見工業高校は強くなり全国優勝もしました。

 

僕的には日本のラグビーを劇的に変えたのが、新日鉄釜石の松尾雄治さん、神戸製鋼の平尾誠二さんだと思います。

平尾誠二さん率いる学生王者同志社大学と、社会人王者松尾雄治率いる新日鉄釜石の日本選手権は本当に見所がいっぱいあり、毎年楽しみでした。

現在の日本ラグビーもW杯で歴史的な勝利を挙げるなど進化を続けています。これに関しても平尾誠二さんの功績は本当に大きいと思います。

 

心から平尾誠二さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

-スポーツ

Copyright© MASARU-blog(まさるぶろぐ)これとっても気になる! , 2018 AllRights Reserved.