豊中市の小さな豚まんkesa kichi(ケサキチ)で豚まんを食す!

大阪豊中市にオープンした小さな豚まんkesa kichi(ケサキチ)さんへ行ってきました。少し迷いましたが何とか到着。

「小さい豚まん屋」さんという店名に惹かれて行ったお店です。

今回はkesa kichi(ケサキチ)さんをご紹介します。

スポンサーリンク

小さな豚まん kesa kichi(ケサキチ)さんのアクセス

店名:小さな豚まん kesa kichi(ケサキチ)
住所:豊中市曽根西町1-10-17
営業時間:11:00am~16:00pm(売り切れ終了)
電話番号:06-6842-7997
定休日:毎週日曜日
最寄り駅:阪急宝塚線曽根駅から徒歩5分
駐車場:なし(近くにコインパーキング有)路面店で交通量かなりあり店前は駐車禁止です。

小さな豚まんkesa kichi(ケサキチ)

小さな豚まん kesa kichi(ケサキチ)さんは、大阪豊中市曽根に11月にオープンしたお店です。

メニューは持ち帰りの一口サイズの豚まん(6個入り)480円(税込)のみ

イートインスペースはあります。今回は出来立ての豚まんをここで頂きました。

 

6席のイートインスペースがあります。まだ開店したばかりなので木目がキレイです。

飲み物などは提供されませんが購入した豚まんはここで頂けます。

 

開店のお祝いの胡蝶蘭がキレイに咲いてます。

 

小さな豚まん(6個入り)480円(税込)こんな感じで包装販売してます。

売り切れることが多いというので前日に2つ電話予約しました。

 

豚まんと一緒に親切な注意書きが入ってました。

 

来ました!。

蒸しあがったばかりの豚まん、湯気がでています。それにいい匂い。

一口サイズの豚まんと言えば、わたしの大好きな神戸南京町の「老祥記」の豚まんを思い出しますが、これはまた違った感じです。包み方が違いますね。味はどうでしょうか。

小さな豚まん(6個入り)480円(税込)です。

 

まだ熱々です。ホント男性なら一口、女性なら二口で食べれるような小さな豚まんです。

ちょうどお昼時に行ったのでこれはわたしのお昼ご飯。

お腹も空いていたこともあり6個ともあっという間に食べてしまいました。なので中の餡の写真は無しです。

kesa kichi(ケサキチ)さんのは、普通の豚まんとは違い皮も薄目なので中の餡のジューシーなお肉感が味わえます。

そのまま食べたのですがおいしいです。

 

丁度お昼時なのでお客さんが次々来店。オーナーの鈴(すず)さん、テキパキと接客しています。

合間にオーナーさんといろいろお話していると「良かったら中の写真もどうぞ!」と言って頂いたので厨房の中を撮影。

ありがとうございます。

 

皮に餡を包んで1次発酵させている豚まん、かなり小さめです。これを温かい場所で発酵させると大きくなります。酵母の力でしょうね。

 

これを強火で蒸しあげるとおいしい豚まんの出来上がりです。

 

豚まんがおいしく蒸しあがりました。いい匂いがしてます。

 

ガラス越しに豚まんの製造工程が見れます。

これは豚まんの皮でしょうか。大きなパイローラーで伸ばしています。それにしてもガラス越しに全部見えます。この方少し緊張してたようです。

 

薄く伸ばした皮、これを型で抜いて餡を包むんでしょうね。

厨房の奥で餡を包む作業しているのが見えました。

 

最後に

コンビニなどで販売されている豚まんもおいしいのですが、小さな豚まん kesa kichi(ケサキチ)さんの豚まんはまた違ったおいしさがあります。

近くへ行かれた方は是非食べてみて下さい。電話予約した方がいいですね。

豊中市
スポンサーリンク
MASARU-blog(まさるぶろぐ)これとっても気になる!

コメント